商品選びの注意点

穀物不使用を謳っているキャットフードであれば、どのようなものでも安心というわけではありません。たとえば、穀物不使用をアピールしていても、植物性タンパク質の占めている割合が高い商品もあります。芋や豆などの原材料が採用されていることが多く、イネ科よりは消化に悪くないものの、炭水化物が含まれている原材料です。穀物不使用でも、商品によっては市販のキャットフードと比較して多量の炭水化物が含まれているケースもあります。グレインフリーを謳っている商品でも、原材料や成分の表示は必ず確認したほうがよいでしょう。

他にも、グレインフリーであっても、猫の健康にとって害悪となり得るものが配合されているキャットフードは避けるに越したことはありません。私たち人間には食品添加物による健康への悪影響の心配がありますが、猫の場合も一緒です。しかも人間よりペットの食品の基準はゆるく、病気の原因になるような添加物が平気で使用されていることも少なくありません。

また、品質の悪い原材料を使用していることをごまかすため、猫の食欲をそそるような色や香りを出すことを目的に、着色料や香料が使用されていることもあります。商品選びの際には猫にとって危険な添加物が不使用のキャットフードを選んだほうがよいでしょう。